【風疹抗体検査について】

ogp

いつも森のまちクリックをご利用いただき、誠にありがとうございます。

海外への移住や長期の駐在の期間中、現地で妊娠・出産をする方も少なくないかと思います。その際、最も気をつけなければいけないことのひとつに、妊娠中の感染症があります。ここでは妊娠中に感染をすると、胎児に影響を与えるリスクのある「風疹」についてお話しします。

【風疹とは】

風疹(英:RUBELLA)とは,風疹ウイルスによる感染症であり、日本ではワクチン接種を受けていない成人男性が多いです。

【感染経路】

主に飛沫また接触により感染します。潜伏期間は2〜3週間と言われています。

【症状】

初期症状として、発熱、発疹(紅色斑丘疹)、リンパ節腫脹、頭痛、鼻水、咳が挙げられます。顔、耳後部から全身に点状紅斑(発疹)が広がり、5日から10日、長いケースでは数週間にわたり出現することがあります。

【診断】

症状は風邪症状に近いため、臨床での診断が難しい場合があります。発疹が出現してから28日以内に、採血での風疹抗体検査によって、確定診断ができます。

【治療】

特異な治療法はなく、対症療法となります。

【妊婦が感染した場合】

妊娠初期20週の間に風疹ウイルスに感染すると、胎児には先天性心疾患、難聴、白内障とする先天性風疹症候群を持って生まれるリスクが高まります。マレーシアで妊娠・出産を考えている方および同居家族の方は、風疹ウイルスからしっかりと予防をすることが重要になります。

【検査について】

当院では風疹抗体検査が可能です(血液検査)。

【予防について】

妊娠前に、妊婦とその同居家族全員は風疹抗体検査を行ってください。抗体がない場合は風疹の予防接種を受けましょう(当院ではMMR 麻疹・風疹・おたふく風邪の3種混合ワクチンとなります。)。これまでに麻疹・おたふく風邪の予防接種を受けたことがある方が再接種した場合でも、副作用の心配はありません。

妊娠後に初めて風疹抗体がない、または低価と分かった場合には、風疹ウイルスに感染しないよう、風疹が発生している地域への不要不急の外出を避けてください。

【ご来院予定の方へのお願い】

院内感染防止のため、ご来院いただく前に必ずご予約をお願いいたします。なお、今後当局から新しい要請・命令などがあった場合には、予告なく休業させていただく場合がございます。皆様がマレーシアで安心・健やかな生活お送り頂けますよう、当院では最新の情報を元に、日々新しい取り組みを行いながらサービスの向上に努めております。

ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。