【コラム】男性の更年期障害 パート4

160730_ogp

前回のコラムで、私がワクチンを接種したのにもかかわらずB型肝炎抗体がついていなかった事について書きました。

B型肝炎抗体は成人で10〜20%にワクチンを接種しても抗体がつかない事があり、この抗体がつかない確率は年齢が上がる程上がるのです。前回の接種から1年半も経過しているので、ブースターの意味で1回追加接種でもいいかもとも思ったのですが、色々考えて、もうワンクール、つまり3回追加接種する事にしました。それによりかなりの確率(論文によって数字にバラつきがあります)で、抗体を保有する事が出来る様になります。

B型肝炎は東アジアと東南アジア特に多い疾患であり、ワクチンを接種すれば100%抗体が出来る訳ではなく、5年毎にはブースターの意味で追加接種をしなければならない事も忘れてはいけないなあ、と改めて身をもって感じました。

 

 

このコラムは、以前に「JSPO」に寄稿したものです。