休診のお知らせ【11月9日(土)】

こんにちは。

森のまちクリニック 広報部です。

11月9日(土)は祝日のため休診致します。

10日(日)は平常通り診察ししております。

皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

10月5日(土) 診療時間変更のお知らせ

こんにちは。

森のまちクリニック 広報部です。

10月5日(土)は医師学会参加のため以下の通り診療時間を変更致します。

9:00〜12:00(最終受付は11:30)

皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

6日(日)は平常通り診察しております。

インフルエンザワクチンのご予約承っております!

こんにちは。
森のまちクリニックです!

深刻だったヘイズもようやく落ち着きを見せ、過ごしやすいマレーシアに戻りつつありますね!

今回はそろそろ流行し始めるインフルエンザについて少しお話します。
冬に流行するイメージのインフルエンザですが、
今年の日本は9月の中旬時点既にインフルエンザが流行しているようで、学級閉鎖の学校もあったのだとか。。

<インフルエンザってなに?>

インフルエンザはその名通り、インフルエンザウイルスというウイルスが原因の感染症です。
インフルエンザウイルスはA型、B型、C型と3種類ありますが、人の間で流行するのは主にA型とB型です。
A型のウイルスは人だけでなく、豚や鳥などにも感染します。
風邪に似た症状を発症しますが、風邪とは全く異なるウイルスで、症状も重くなることが多く、感染力も高いため厄介なウイルスです。

<インフルエンザ検査する適切なタイミングは?>

インフルエンザかもしれない!と慌てて受診して陰性だったのに、翌日再検査したら陽性になったという経験はありませんか?
インフルエンザは検査をしても検出されないことがあります。
理由は体内で増殖したウイルスの数が少なく、インフルエンザにかかっているのに反応しないためです。
検査の目安は発熱から12時間以上経過していることです。
抗インフルエンザ薬は発熱から48時以内に服用を始めることが最も効果的とされています。
ご受診のタイミングは発熱から12時間以降から48時間以内が適切です。
最近は、「高熱(38度以下)でない場合も、インフルエンザ検査をしたら陽性だった。」という事があります。
普通の風邪だと自己判断せずに、症状が出てきた場合は時期をみてお早めに医療機関へ受診しましょう。

<予防できるの?>

インフルエンザは予防することが出来ます。
予防方法をいくつか見ていきましょう。

その1:予防接種を打つ
予防接種は接種後すぐは効果はありません。接種から2週間後から有効になります。
帰国や旅行予定のある方は予定日から逆算し、早めの接種が必要です。

その2:手洗い
ドアノブやおもちゃなどについているウイルスの接触感染を防ぎます。
手ピカジェルなどのアルコール消毒剤を活用するのも◎。
帰宅後は手洗いについでにうがいも行いましょう。

その3:マスクの着用
くしゃみや咳からの接触感染を防ぎます。
マスクを付けていても咳やくしゃみをする時はティッシュやハンカチで口と鼻を押さえましょう。

その4:免疫力を高める生活習慣
日頃から睡眠をしっかりとり、バランスの良い食事と運動を心がけましょう。
体調不良の場合はウイルスに対する抵抗力も低下しています。人混みへのお出かけはを控えましょう。

<インフルエンザワクチンについて>

インフルエンザワクチンは接種しても絶対にインフルエンザにかからないわけではありません。
症状の発症リスクを抑えたり、インフルエンザにかかっても症状を軽くしたりする効果のあるワクチンです。
また、インフルエンザワクチンは毎年そのシーズンに流行が予測されるウイルスに合わせて毎年製造されているため毎年接種を推奨されています。

マレーシアは流行時期等はなく1年中インフルエンザに感染するリスクがあります。
毎年予防接種してインフルエンザにかかりにくい身体つくりをしましょう!

当院でもインフルエンザワクチン(4価)のご予約承っております。
ご予約はお電話(011-33357803)もしくは公式ライン(@morinomachi)からお願い致します。

今年のヘイズは深刻です。

こんにちは。
森のまちクリニック広報部です。

今月に入りヘイズが深刻化しています。
アイキャッチはクリニックから撮影した写真です。
本日(9/13)の大気汚染指数はなんと162!で「健康に良くない」レベルです。
近年のヘイズは少し霞む程度でしたが、今年はやけに活発なヘイズ。。
学校が休校になるなど日常生活にも影響与えています。

今回はヘイズと健康への影響について少しご紹介いたします。

<ヘイズってなに?>
ヘイズ(haze)は「靄(もや)やかすみ」を意味する英語ですが、気象用語では乾いた微粒子の浮遊により視界が悪くなる煙霧を意味する英語として用いられます。マレーシアやシンガポールではインドネシアのスマトラ(Sumatra)島やカリマンタン(Kalimantan)島等における大規模な野焼きや森林火災により生じた煙や排気ガス等の微粒子が原因となって起こる大気汚染のことを指します。

<ヘイズが与える症状>
ヘイズが原因で体調をくずされる方は少なくありません。健康への影響は様々です。
眼、鼻、喉などの粘膜が刺激されることにより、「眼のかゆみや充血」「咳やくしゃみ・鼻水」などを引き起こします。
特に気管支が弱い方、鼻炎や喘息を患っている方はこれらの症状が出やすく、悪化してしまうことも。
また、皮膚が敏感な人はかゆみや炎症を起こしやすくなります。
症状が現れた場合は我慢せずにお早めに医療機関へご相談ください。

<ヘイズを乗り切ろう>
ヘイズが与える体調不良は対策することでその影響を予防・軽減させることが出来ます。
皆さんも参考にしてみてください。
・外出は控える
・マスクの着用(N95というマスクがおすすめです!)
・洗濯物は室内干し
・うがい、手洗いの徹底
・しっかり水分補給
・空気清浄機の使用   など

まだまだ続きそうなヘイズですが、しっかり対策して快適に過ごしましょう。

ご相談いつでも受け付けております。
LINE:@morinomachi
Tel:011-33357803

週末は混雑する場合がございます。
ご連絡後お越しいただくことをおすすめいたします。